ずばり言っちゃうわよFX商材
情報商材の評価をずばり言っちゃうわよ(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウノトリは公園のえさを頼って生きている!?
コウノトリは本当に大事にされていますね。

冬場の餌が少なくなる時期でも郷公園では定期的にえさが供給されるため、
放鳥されたコウノトリも確実なエサ場として利用するようです。

コウノトリの郷公園の話では放鳥したコウノトリは5年間で
計27羽になるそうです。
そのうち6羽は事故死したそうですが、野生状態で生息する21羽のうち
1羽は消息が不明だそうです。
19羽については放鳥後も公園内の飼育ケージに戻ってきて、
職員が用意した飼育中のコウノトリ用の餌のアジやフナを食べているそうです。

今度は大分車検・車内クリーニングがいいと思います。


野生に帰ろうと思っても自然の餌場が見つけられなければ、
なかなか自立するのも難しいと思います。
今まで放鳥したコウノトリの中でも自分でえさを取って生きていっているのは
わずか2羽だとか。
えさを取れないのではなく、えさを取ろうとしないコウノトリの現状を
どうにか自立へ導く事が今後の課題と言えます。

来年は、エアロバイクなんでもいいのかな。

放鳥コウノトリは“スネかじり” 公園の餌に依存85%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100917-00000532-san-soci

平成17年から兵庫県立コウノトリの郷公園が実施している
コウノトリの野生復帰事業で、
放鳥されたコウノトリの約85%が公園の餌に頼って生活しているという実態が
明らかになったそうです。

参考ですが、焼肉通販がいいですね。

本来の目的は野生に返すという事らしいのですが、
飼育ケージからは放たれたものの本当の意味でも野生復帰には
まだまだ程遠い現実があるようです。

なんといっても、卵うんでニュースになるくらいですから。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。