ずばり言っちゃうわよFX商材
情報商材の評価をずばり言っちゃうわよ(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅地の開発で未知の古墳を破壊
古墳ですか。。。保存が大変そうです。

考古学の河上邦彦教授は「保存の為にあらゆる手段を尽くすべきで、
業者に配慮し過ぎるのは行政の怠慢だ」と批判しています。

1400年の時を超えて今の時代までその存在を知らせてくれた石室を
開発の為に破壊してしまうなんて考えられません。

これからも毎日のネタチェックがおもしろいですよね。

その際には石室を避けて住宅開発をするとか、
石室部分に盛り土をして保護した上で住宅を建てるなどの方法を模索しました。

ですが業者側はその調査や保存作業に伴って開発工事がずれ込めば、
金銭的負担が増えると難色を示し、市側も土地の買い取りや石室の市木保存には
数千万費用が必要になることなどから保存を断念したという経緯があります。

FXで旦那の収入を抜いてやる♪って思っています。

最も優先すべきなのは何なのか、大の大人がこんな行動をしているようでは
過去の情報なんて受け取れなくなってしまいます。


未知の前方後円墳なのに…住宅開発で石室破壊 安閑天皇陵近く
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110123-00000504-san-soci

「石材に絵や文字が描かれているなら、文化財としての価値はあるので
おおがかりな保存ぬ向けて動けるが、今回はそこまでの案件ではなかった」
羽曳野市教委では保存を見送った“いいわけ”としてこういっているそうです。

市教委によると最初に石室が見つかったのは平成21年2月中旬で、
現場は戦国武将の畠山氏が築いた高屋城跡で、
城跡の調査が目的だったそうですが、偶然に石室が発見されたそうです。

貴重な文化遺産でありながら「開発とコスト」を理由に、
石室が失われるという事故が起きてしまいました。

参考ですが、アイドルタレントチェックです。

元気になりたいです。そして見にいきたいです。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。